2016/06/18

いつの間にかRDPでGPUが使われるようになっていたというお話

ちゃんとブログを更新するのも久しぶりですね。
というのも、個人的にかなり驚きの事実を知りまして。

なんと、どーもRDP(リモート デスクトップ接続)時に
ホストに接続されているGPUが使われるようになってたみたいなんです。

何の気なしにローカル グループ ポリシーを眺めていたら、
リモート デスクトップ関連関連のポリシーに見慣れない項目を発見。

いつの間に追加されていたんだ……

いろいろと動作確認をしようと思い、
とりあえずAndroid端末(Nexus 6P)のRD Client Betaで接続して
何となくPSO2のベンチを回してみたところ……


…!?!?
RDP接続では見たこともないようなスコア。

DirectX 診断ツール(dxdiag.exe)から見るとこんな感じ。


一部制限がかかっているみたいですが、
RDP接続時おなじみの「RDPDD Chained DD」ドライバにはなっていません。

ゲーム用途に使えるかはともかく、
Google マップなどのハードウェア アクセラレーションを使って描画して欲しい
Webページを見るときなどには非常に有効なので、
RDP接続の快適度が高まったように感じました。


※環境詳細
OS:Windows 10 Pro 64bit版 Build 10586.318
GPU:GeForce 750Ti

Windows 10 で記憶域階層を構築する

Windows 10 で記憶域階層を構築する
Windows 10 での記憶域階層構築、とりあえずできたのでメモ。
ちゃんとした記事にするかは気分次第。

作業手順

ディスクの用意

ディスクの取得

# とりあえずすべての物理ディスクを取得してみる
PS C:\Windows\system32> Get-PhysicalDisk

FriendlyName         SerialNumber       CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage            Size
------------         ------------       ------- ----------------- ------------ -----            ----
INTEL SSDSC2CW120A3  CVCV4245024L120BGN True    OK                Healthy      Auto-Select 111.79 GB
WDC WD20EFRX-68EUZN0 WD-WMC4M3024963    True    OK                Healthy      Auto-Select   1.82 TB
WDC WD20EFRX-68AX9N0 WD-WMC301416814    True    OK                Healthy      Auto-Select   1.82 TB
INTEL SSDSC2BP240G4  BTJR5212052W240AGN False   OK                Healthy      Auto-Select 223.57 GB
ST2000DM001-1CH164   Z1E2CK71           False   OK                Healthy      Auto-Select   1.82 TB
INTEL SSDSC2CW120A3  CVCV242006R5120BGN True    OK                Healthy      Auto-Select 111.79 GB

# 記憶域プールに追加できるディスクのみ取得
PS C:\Windows\system32> $Disks = Get-PhysicalDisk -CanPool $true

PS C:\Windows\system32> $Disks

FriendlyName         SerialNumber       CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage            Size
------------         ------------       ------- ----------------- ------------ -----            ----
INTEL SSDSC2CW120A3  CVCV4245024L120BGN True    OK                Healthy      Auto-Select 111.79 GB
WDC WD20EFRX-68EUZN0 WD-WMC4M3024963    True    OK                Healthy      Auto-Select   1.82 TB
WDC WD20EFRX-68AX9N0 WD-WMC301416814    True    OK                Healthy      Auto-Select   1.82 TB
INTEL SSDSC2CW120A3  CVCV242006R5120BGN True    OK                Healthy      Auto-Select 111.79 GB

記憶域プールの作成

# 記憶域プールを作成
PS C:\Windows\system32> $Pool = New-StoragePool -FriendlyName StoragePool -PhysicalDisks @($Disks) -StorageSubSystemUniqueId (Get-StorageSubSystem).UniqueId

PS C:\Windows\system32> $Pool

FriendlyName OperationalStatus HealthStatus IsPrimordial IsReadOnly
------------ ----------------- ------------ ------------ ----------
StoragePool  OK                Healthy      False        False

メディアタイプの確認・変更

# 記憶域プールに含まれているディスクのメディアタイプを表示
PS C:\Windows\system32> $Pool | Get-PhysicalDisk | Format-Table FriendlyName,Size,MediaType

FriendlyName                  Size MediaType
------------                  ---- ---------
INTEL SSDSC2CW120A3   119185342464 SSD
WDC WD20EFRX-68EUZN0 1999575711744 HDD
WDC WD20EFRX-68AX9N0 1999575711744 UnSpecified
INTEL SSDSC2CW120A3   119185342464 SSD

# メディアタイプをHDDに設定
PS C:\Windows\system32> Get-PhysicalDisk -FriendlyName "WDC WD20EFRX-68AX9N0" | Set-PhysicalDisk -MediaType "HDD"

PS C:\Windows\system32> $Pool | Get-PhysicalDisk | Format-Table FriendlyName,Size,MediaType

FriendlyName                  Size MediaType
------------                  ---- ---------
INTEL SSDSC2CW120A3   119185342464 SSD
WDC WD20EFRX-68EUZN0 1999575711744 HDD
WDC WD20EFRX-68AX9N0 1999575711744 HDD
INTEL SSDSC2CW120A3   119185342464 SSD

階層の作成

# SSD階層を作成
PS C:\Windows\system32> $SSDTier = $Pool | New-StorageTier -FriendlyName SSDTier -MediaType SSD

# HDD階層を作成
PS C:\Windows\system32> $HDDTier = $Pool | New-StorageTier -FriendlyName HDDTier -MediaType HDD

階層のサイズ設定

# ライトバック キャッシュのサイズを設定
$WriteCacheSize = 1GB

# 記憶域プールに含まれる物理ディスクの容量を確認
PS C:\Windows\system32> $Pool | Get-PhysicalDisk | Format-Table MediaType,Size

MediaType          Size
---------          ----
SSD        119185342464
HDD       1999575711744
HDD       1999575711744
SSD        119185342464

# SSD階層のサイズを物理ディスクの9割 - ライトバック キャッシュのサイズに設定
$SSDSize = 119185342464 * 0.9 - $WriteCacheSize
# HDD階層のサイズを物理ディスクの9割に設定
$HDDSize = 1999575711744 * 0.9

記憶域の作成

# 記憶域の作成
PS C:\Windows\system32> $Pool | New-VirtualDisk -FriendlyName TieredStorage -ResiliencySettingName Mirror -StorageTiers@($SSDTier,$HDDTier) -StorageTierSizes @($SSDSize,$HDDSize) -WriteCacheSize $WriteCacheSize

記憶域のフォーマット